Kazyの日常日記

【書く習慣のために】無印良品のリフィルノート&メモパッド購入

 7月上旬、万年筆に少々耽溺してしまった。

 無印良品の万年筆は1,500円という値段で売られており、手に取りやすい価格なのにもかかわらず品質が良い。

 ”書く”という魅力に改めて気付かされたのだ。

 いつも使っているバレットジャーナル用のノートは、特にこだわりがない。

 ただ、書きやすくて、手に馴染みやすく、丈夫であること以外に求める要件はない。

 そうして見つけたのが、無印良品のノートだ。

 クラフト紙で作られたカバーを付けて使うのが至高だった。

 がしかし、重たいのがちょっと難点だった。

 というわけで、新しく無印良品のリフィルノートを購入したのだ。

 特に、無印良品のノートの良いところは、クラフト紙を使っているところだった。

 無印良品のクラフト紙は肌触りが良く、とても気に入っている。

 リフィルノートにも同じクラフト紙を使ったカバーが使用されているのは、とっても嬉しいことだ。

 かつ、100枚入りのリフィルを買っても、合計500円以下で買えるという点もとても良い。

 何より嬉しいのが、ボールペンがリングのところにすっぽりと入るところだ。

 これで、ペンを持ち歩く際に無く心配が減るのと同時に、使いたい時にスッと取り出すことができる。

 たまたまだろうが、私はこのリングがペンを挟めるように設計されたとしか思えない。

 まさに完璧な設計だ。

 同日、メモパッドも購入した。

 デスクの上に置くのにちょうどよく、価格も100円以下というクレイジーさに惹かれてしまった。

 メモを書くことの良さは、皆さんもご存知だろう。

 思いついたアイデアを書くだけで、なぜか頭がスッキリする。そうして、深く考えることができる。

 メモパッドも同様、書くという習慣の一つ。

 「書く」という習慣をとても大切にしたい。

 万年筆を買ってから、書く習慣がより一層楽しくなってきた。

 いづれは万年筆に入れるインクを最近は拘ろうかと思う。

 そして、書く習慣をさらに愉しむ。今回買ったノートとともに。

【Kazyの日常】管理・運営人
Kazy・かじー

 クリエイティブな事が好きなITエンジニア。

 2020年にトロント🇨🇦に1年間語学留学したのち、日本と海外の情報格差を認知。

 50年後に生きる情報を発信しようと決意。

 2020年10月にブログ『Kazyの日常。〜Having a Better Life〜』を開設。

 202年現在で3年目のブロガーとなり、通算530,000PVのブログとなりました。

 好きなバイク・DIY・カフェ・自己啓発などを主に執筆。

 多数のコメントをいただきながら、楽しく毎週執筆をさせていただいております。

 皆様のコメントやDM、お待ちしています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました